自作PCの体験談

BTOパソコンを買ったけど実際には自作のようになってしまった(笑)

私がメインマシンとして使っているPCは、購入したときはBTOだったのに現在では実質的に自作に近いというよく考えると不思議な成り立ちの代物です。

 

現在、そのPCに入っているもので購入時から使い続けているものはHDDとメモリしかありません。こうなった経緯を説明すると、言ってみればパーツの増設や交換の繰り返しの末にこうなったとしか言えないんですが、最終的にはOSもケースもマザーボード、CPUも総取り換えになったにも拘わらず同一PCとしての活動が途切れることなく連続して続いていたためどの時点でBTOのアイデンティティがなくなったのかよく分からないんですよね。

 

敢えて言うなら、マザーボードとCPUを交換するのに併せOSも新しく買ってインストールした時が新しいPC扱いのスタート地点と言えるでしょうけど、見た目的な意味での転換点は間違いなくケース交換の時です。

 

ともかくメインPCはそんな微妙な立ち位置になり果てましたが、私自身には間違いなく自作PCの知識は身に付きました。なにせ交換で余ったパーツを集めることでもう一台PCが組み上がり、現在サブ機のうちの一つとして絶賛稼働中ですから。

 

まあ、私を自作PC愛好家と呼んだり名乗ったりカテゴライズするのは上記のメイン機の経緯もあり、なかなか心理的に憚られるものはありますが。

 

自作したい初心者さんに言えること

これから自作PCを作ってみたいと考えている方、私の考えは最初はBTOメーカーのパソコンを買って自分の用途などに合わせて徐々にカスタマイズをしていった方が良いと思っています。最初から自作はハードルが高いです。また保証なんて付きません。反面、BTOは1年の保証がつきますし、最初から組み上がった状態で納品されます。

 

でも時代の進化と共に必ずパーツを交換したい部分がでてきます。その都度、側面パネルを開けてネットで情報を調べたりしながらパーツ交換をした方が最初は知識も身につき良いです。なぜなら私がその手法でかなりPCに詳しくなって自分である程度の修理もできるようになったから。最初から自作しないで良かったと感じています。今ならパーツを自分で選定してイチから組み立てる自信があります。

 

BTOメーカーもかなりの数があり品質だって悪くありません。特にゲーム用途で考えている場合は絶対にBTOがおすすめのゲームPCと言えるほどスペックや商品数も充実しています。

 

最初から自作したい気持ちもわかりますが、グッと堪えてまずはBTOメーカーを覗いてみてください。玄人の方も自作が面倒になってBTOオンリーにしている方も多いです。やっぱり保証がつくっていうのは大きいんですよね(^o^)

2016/07/08 11:42:08 |
新規で自作PCを組むならPCケースのサイズによる違いもしっかりと熟知をしておきたい。現状は大きくわけるとケースはATX、microATX、Mini-ITXといった3つのフォームファクターがある。これにはメリット、デメリットも当然ながらある。それも踏まえて初心者におすすめのケースを紹介していこう。まずATXはサイズが大きいミドルタワータイプが主流となっている。特徴は内部スペースが広いため作業がしやすい。そしてエアフローも高い効果を期待できる。MicroATXも似たような傾向になっているがATXに比べるとケースサイズは一回り小さいのが特徴だ。ATXより小さくなるため作業スペースが限られて少しやりづ...
2016/07/08 11:28:08 |
自作したPCは両側面が強化ガラスにしたのでケーブルを収納する場所がありませんでした。そこでマザーボードベースのところどころにある小さい穴を利用してケーブルタイで各ケーブルをまとめるようにしました。裏面配線用のスペースは狭いため太い電源ケーブルなどは重ねるとサイドパネルが閉まらなくなる危険もある。ここは注意が必要だった。そしてケースファンやLEDライトの色を変更する制御ユニットやケーブルも組み込まなければいけない。これはちょっと工夫をこらして2.5インチ、3.5インチベイの中に収納をするようにした。底面、背面にケーブルが散らばることなく綺麗に配線ができたのでこの方法はおすすめ!ただSSDの取り付...
2016/05/16 08:41:16 |
当時私は20歳の女子大学生。ちょうど両親に買ってもらったパソコンが壊れてしまったため買い替えを検討していました。私にはパソコンの知識があまりなかったのですが、サークルの先輩たちが妙に詳しく時折飛び交う専門用語に憧れたものです。少しでも先輩たちに近づきたいと雑誌を読んだりと努力していましたが、やはり実際に分解して見たほうがわかるようになるのではないかと思い始めていました。そこで自作マシンを組み立てることを決意。しかも友人の女の子も自作する予定だと聞いたので思い切って二人で組み立ててみることにしました。二人でネットや雑誌で情報を集めながらパーツを購入し、迎えた当日。場所はその友人の部屋だったのです...
2016/05/16 08:33:16 |
いうまでもなく、パソコンは電気で動くものです。そしてパソコンの電源ユニットというパーツは、交流電源を直流電源に変換しパソコンの全てのパーツに送るという大切な役割を持っています。ノートであればACアダプタがこの役割を果たしますが、自作デスクトップの場合はある意味CPUやビデオカードのような演算パーツのスペック以上に重要です。演算というのはとにかく電気を食うもので、その使用率が高い場合は電源が供給する電気のほとんどはCPUとGPUに持っていかれます。そしてパソコンが一番電気を消費するのはあらゆるパーツがフル稼働します起動時で、この時、電源ユニットからの電力供給力が不足しているとそもそも起動しません...
2016/05/12 10:13:12 |
自作するなら最強の環境が構築できるゲーミングPCを夢見ている人も多いのではないでしょうか。しかし、現実は最高環境で構築しようとすれば20万円、30万円と自作でも費用がかかってきます。またPCパーツは日進月歩です。今、最高のパーツでも1年後には型遅れでより高性能なパーツが出ています。そこである程度、快適にゲームプレイができて費用を抑えた自作PCを組み立てました。ハイエンド、ハイスペックとは言えませんがミドルクラスのCPU、ビデオカードを組み合わせてゲーム設定で満足のいくゲームプレイができる自作PCになりました。安くミドルクラスのゲームPCを作るコツは性能、使用感を重視したCPU選びが大切です。コ...
2016/05/12 09:10:12 |
今回作った自作PCのメイン用途はゲームです。最新ゲームタイトルでも最高設定、高フレームレートでも遊べるようなビデオカードを搭載かつ、PC本体は小型化させたいと思いました。そしてGPUを高性能にしてCPU、マザーはミドルクラスにしてコスパのバランスもとったつもりです。完成して色々なゲームを遊んでいますがやはりビデオカードが高性能だけにどのタイトルも快適かつ、高設定ができています。私が自作してまでPCでゲームをやりたい理由はやはりグラフィックです。最近ではPCやコンソール機の発売も並んできたり家庭用ゲーム機のグラフィック性能も上がってきました。それでもゲーム画面の快適性になるとPCにまだまだ軍配が...
2016/05/12 08:41:12 |
BTOメーカー等で売れ筋になっているパソコンの多くはミドルタワーケース採用のパソコンです。実機を見ると意外とケース本体も大きく感じます。デスクや設置スペースがある程度、確保されていないと置くことができません。確かに拡張性はあるかもしれないが奥行き、高さが50センチを超えてくると本体が床置きであってもスペースがない…なんて光景もよく目にしてきました。なので私はあまり使用用途がないと判断して5インチベイを排除してExendedATX対応マザボや大型ビデオカードも搭載できる小型ながら拡張性をもたせたPCケースをベースに自作PCを作ることにしました。私が使ったPCケースは5インチベイを排除しています。...