ATXケースで作る小型高性能メインPC

小型で高性能!予算15万円で作った自作PC

BTOメーカー等で売れ筋になっているパソコンの多くはミドルタワーケース採用のパソコンです。実機を見ると意外とケース本体も大きく感じます。デスクや設置スペースがある程度、確保されていないと置くことができません。確かに拡張性はあるかもしれないが奥行き、高さが50センチを超えてくると本体が床置きであってもスペースがない…なんて光景もよく目にしてきました。

 

なので私はあまり使用用途がないと判断して5インチベイを排除してExendedATX対応マザボや大型ビデオカードも搭載できる小型ながら拡張性をもたせたPCケースをベースに自作PCを作ることにしました。

 

私が使ったPCケースは5インチベイを排除しています。なので光学ドライブの使用ができませんが外付けで対応したり現在は多くのアプリケーションもCDドライブではなくインターネットからダウンロードしてパソコンに取り込むことが可能なので不安もありませんでした。昔のように光学ドライブがパソコンに必須といった時代ではなくなってきたので5インチベイは排除してしまいました。

 

これによって小型ケースながらも内部にはゆとりがあり拡張性の高い自作PCを作れると判断。

 

ミドルクラスのCPU、GPUでPCゲームにも対応

  • CPU:Intel Core i5-6500
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX960

 

選んだCPU、ビデオカードは上記の通り。
私の場合、特に4K画像でゲームをやるつもりもない。また状況によっては解像度、グラフィック設定に妥協もしてゲームをするのでコストパファーマンス重視で両者を選びました。このスペックなら描画負荷の高い最新ゲームタイトルを最高設定で遊ぶには役不足かもしれませんが妥協点を見つければ十分に快適プレイができると判断しました。

 

また5インチベイを排除したケースで小型に作られています。そのため熱がこもりやすいといった点も考慮して冷却機能は強化。スペースもあるので大型CPUクーラーを搭載させてゲーム中の高い描画負荷でも高温にならないように設計をしました。

 

今回の自作PCにかかった費用は約15万円程度。
一番のポイントはやはりPCケースです。大きすぎると設置スペースがなかったのでATXケースながら従来よりも小型化されたケースを使いました。PCケース単体で約2万円程度しましたが、納得の出来で自作PCが作れたので満足しています。

 

使用したPCケース「Carbird Clear 400C」

奥行き、高さが50センチ以内に収められおり、コンパクトながら拡張性に優れた機能をもつPCケースになっています。またエアフローもDirect Airflow Pathといった構造でCPU、GPUを冷却可能となっています。もちろん静音性もバッチリ。

 

そして念には念を…といった意味も込めて大型CPUクーラーでより冷却性能を高める工夫をしました。

 

このケースは正面から見て左側面のパネルがアクリル版になっています。透明なので内部の構造が見やすく部屋を暗くすると良い感じでライトアップしてくれておしゃれなPCケースでもあります。5インチベイを排除しながら最新世代のパーツも余裕で搭載できて拡張性も高い!小型で機能性のあるPCケースを探している方にはピッタリだと思いますよ!