予算10万円の自作ゲームPC

予算10万円で作るミドルスペックゲームPC

自作するなら最強の環境が構築できるゲーミングPCを夢見ている人も多いのではないでしょうか。しかし、現実は最高環境で構築しようとすれば20万円、30万円と自作でも費用がかかってきます。またPCパーツは日進月歩です。今、最高のパーツでも1年後には型遅れでより高性能なパーツが出ています。そこである程度、快適にゲームプレイができて費用を抑えた自作PCを組み立てました。

 

ハイエンド、ハイスペックとは言えませんがミドルクラスのCPU、ビデオカードを組み合わせてゲーム設定で満足のいくゲームプレイができる自作PCになりました。

 

安くミドルクラスのゲームPCを作るコツは性能、使用感を重視したCPU選びが大切です。コスパを抑えるために最新世代のCore i7を選ぶ必要はありません。ゲーム用途で使うならCore i5でも十分、ビデオカード性能を引き出して処理も早くできます。

 

そしてビデオカードもゲームグラフィックを綺麗に移すためには大切。
そこで選択するべきなのは静音性、安定性、ワットパフォーマンスにも優れたGTX900シリーズ。中でも安く性能もそこそこあるGTX960は最高です。このモデルならアマゾン等で3万円以下で購入可能となっています。中には最新ゲームタイトルでも最高設定で遊ぶことができるのでゲームPC自作入門用としてオススメできるビデオカードの一つです。

 

そして今後の大きな拡張をしない予定であれば小型で冷却性能も高いPCケースを選択することができます。これなら負荷の高いゲームをやっても発熱の心配が少なくなりPCの安定性も上げることができます。

 

ゲーム自作PCを安く作るには中核パーツをミドルクラスでまとめる

パソコン、PCゲームの中核パーツとなるCPU、ビデオカードはハイエンドを求めては10万円の予算で組み立てることができない。そのためミドルスペックでまとめるのがコツとなってくる。私の場合、CPUはCore i5シリーズでもローエンドモデルとなっている4460を選択。ローエンドでも4コア4スレッド実行に対応。

 

しかも価格も安くコスパは最高だ。
そしてビデオカードはGTX960 2GBを選んだ。4GBモデルも販売されて2GBモデルの価値は若干下がったと見える。こちらもかなり安い価格で購入できるのが魅力です。

 

当面はビデオカードの交換等も考えていないし、マザーボードもスタンダードなモデルを選択している。なのでPCケースも小型タイプを選択できてサイズ感は奥行き、高さともに40センチ以内に収めることができた。

 

こういった10万円以内でそこそこのゲーミングPCを自作するポイントは3つある。それを最後に解説していきます。安くミドルクラスのゲームPCを自作したい人はこの3点を守ると費用も安くそこそこのPCを作ることができると思いますよ♪

 

CPUはクアッドコアの低価格モデルを狙う

Core i7シリーズは確かに高性能ですが価格もまだ高いです。そこでCore i5シリーズのローエンドモデルを選んでコストを安くしていきます。Core i5シリーズは4コア4スレッド対応でミドルスペックPCとして性能は十分に発揮してくれます。

 

ゲームに最も重要なビデオカードの予算は3万円以内

PCゲームを快適にプレイするなら単体でビデオカードは必須になってきます。ビデオカードも値段はピンキリ。ただし価格が高いほど高性能にもなります。しかし低コストでPCを作るならビデオカードの予算は3万円以内で選ぶようにしましょう。GTX960なら無難に選ぶことができます。もしかしたらGTX1000シリーズが普及すればGTX970も3万円以内で購入できる日が来るかもしれません。

 

冷却性能を考えたPCケースを選ぶ

小型PCケースであれば置き場所に困ることが少ない。ただ小さいとエアフローが心配といった方も多いだろう。今は小型でもエアフロー機能を重視したPCケースが安く手に入る。どうしてもビデオカードやCPUは高熱になるのでPCケースは冷却性重視で選ぶようにすると安定性を向上することができるぞ!

 

上記の3つを守ると安くミドルスペックなゲームPCを作ることができるはず。
パーツや構成を考えながらアマゾンやBTOショップのパーツを比較してできるだけ安く仕上がるように調整してください。