初心者におすすめのPCケースの選び方

自作初心者におすすめのフォームファクターは?

新規で自作PCを組むならPCケースのサイズによる違いもしっかりと熟知をしておきたい。現状は大きくわけるとケースはATX、microATX、Mini-ITXといった3つのフォームファクターがある。これにはメリット、デメリットも当然ながらある。それも踏まえて初心者におすすめのケースを紹介していこう。

 

まずATXはサイズが大きいミドルタワータイプが主流となっている。特徴は内部スペースが広いため作業がしやすい。そしてエアフローも高い効果を期待できる。MicroATXも似たような傾向になっているがATXに比べるとケースサイズは一回り小さいのが特徴だ。ATXより小さくなるため作業スペースが限られて少しやりづらいケースも出てくる。

 

最後は最もコンパクトなタイプであるMini−ITX。これはキューブ型PCと呼ばれ机の上にディスプレイと追わせて置いても邪魔にならないほどサイズ感。欠点は内部が狭い。拡張性といったスペックを向上させる能力が低いのがデメリットになっている。またスペースが狭いので組み込み難易度も上級者向けと言える。

 

初心者におすすめは無難にATXケース

初めての自作PCであるなら組み込みを行う作業なども慣れていないはず。なので大きなパーツも余裕をもって搭載でき、拡張性も優れているATX対応ケースが無難。ATXはビデオカード、各種ストレージの収容能力が非常に高い。将来的な増設、増強といった拡張性に優れいてるのだ。また内部スペースが広い=作業スペースが広いに繋がるため初心者向きでもある。

 

また内部スペースが広いことは排熱処理にも適している多くの空気を内部に取り込むことができるため冷却性の高いパソコンも作れる。同時にエアフローが良ければ静音性にも繋がる。そのため初心者は設置スペースは広がるかもしれないがATX対応ケースから自作を始めるのが良いだろう!